ネットビジネスをはじめよう!ブログ

ブログ集客・電脳せどり・アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐ方法・始め方・集客方法を書いているブログです。

家電量販店の利益率の低さに驚いた。

time 2015/09/11

こんにちは、和泉です^^

今日は、私達がよく利用する「家電量販店の利益率」について書きました。

街中にドーンと大きく構えている家電量販店、利益ってどうなのかな?と思ったこと、ありませんか?

私はヨドバシのネット通販でよく買い物をするのですが、送料無料だし、利益って出ているのか気になっていました。

ということで調べてみましたので参考にしてください。

家電量販店 売上/経常利益額/利益率

売上順

第1位 ヤマダ電機 (2015年3月期決算)

売上 16643億円
経常利益 355億円(経常利益率2.1%)
当期(最終)利益 93億円(純利益率0.56%)

第2位 ビックカメラ(2015年8月期決算)

売上 7953億円
経常利益 204億円(経常利益率2.6%)
当期(最終)利益 188億円(利益率2.4%)

第3位 エディオン(2015年3月期決算)

売上 6912億円
経常利益 111億円(経常利益率1.6%)
当期(最終)利益 49億円(利益率0.7%)

第4位 ヨドバシカメラ(非上場のため、2015年7月ライブドアニュース参考値)

売上 6515億円
経常利益 511億円(経常利益率7.8%)
当期(最終)利益 不明

第5位 ケーズデンキ(2015年3月期決算)

売上 6371億円
経常利益 258億円(経常利益率4.06%)
当期(最終)利益 150億円(利益率2.3%)

売上高でみると、ヤマダ電機が圧倒的ですね。

でも、一番肝心な数字は、利益です。次は、経常利益順に並べてみます。

経常利益順(経常利益率)

第1位 ヨドバシカメラ(非上場のため、2015年7月ライブドアニュース参考値)

売上 6515億円
経常利益 511億円(経常利益率7.8%)
当期(最終)利益 不明

第2位 ヤマダ電機 (2015年3月期決算)

売上 16643億円
経常利益 355億円(経常利益率2.1%)
当期(最終)利益 93億円(純利益率0.56%)

第3位 ケーズデンキ(2015年3月期決算)

売上 6371億円
経常利益 258億円(経常利益率4.06%)
当期(最終)利益 150億円(利益率2.3%)

第4位 ビックカメラ(2015年8月期決算)

売上 7953億円
経常利益 204億円(経常利益率2.6%)
当期(最終)利益 188億円(利益率2.4%)

第5位 エディオン(2015年3月期決算)

売上 6912億円
経常利益 111億円(経常利益率1.6%)
当期(最終)利益 49億円(利益率0.7%)

経常利益でみると、ヨドバシカメラがぶっちぎりの1位です。

続いては、経常利益率順に並らべてみます。

経常利益率順

第1位 ヨドバシカメラ(非上場のため、2015年7月ライブドアニュース参考値)

売上 6515億円
経常利益 511億円(経常利益率7.8%)
当期(最終)利益 不明

第2位 ケーズデンキ(2015年3月期決算)

売上 6371億円
経常利益 258億円(経常利益率4.06%)
当期(最終)利益 150億円(利益率2.3%)

第3位 ビックカメラ(2015年8月期決算)

売上 7953億円
経常利益 204億円(経常利益率2.6%)
当期(最終)利益 188億円(利益率2.4%)

第4位 ヤマダ電機 (2015年3月期決算)

売上 16643億円
経常利益 355億円(経常利益率2.1%)
当期(最終)利益 93億円(純利益率0.56%)

第5位 エディオン(2015年3月期決算)

売上 6912億円
経常利益 111億円(経常利益率1.6%)
当期(最終)利益 49億円(利益率0.7%)

ここでもヨドバシカメラがぶっちぎりの1位ですね。

そして、エディオンの利益率がかなり低いですね。

 

しかし、小売業の利益率の低さには本当に驚きです。

比べてはいけないですが、そう考えるとせどりの利益率20~40%の高さは異常なくらいですね。

せどりをしている者はAmazonで商品を販売しているわけですが、Amazonの利益率はたったの1%程度だと言われています。

本当に薄利多売の世界です。

個人の目からすると、1%でよくやっていけるな・・・・って関心しますが、そこはAmazonなので個人とは比べてはいけませんね。

 

ただ、個人の私たちが1%の利益では到底やっていけません。

個人がAmazonやヨドバシのような薄利多売で稼ぐなら莫大な資金が必要になってきます。

それこそ、何百万、何千万円、いや、何億、何兆円レベルですね。

そんな資金はないのでちまちまと賢くせどりをして徐々に資金を大きくしていくしかないのです。

 

私みたいな個人レベルの出品者の場合、当然ですが、大手のAmazonやヨドバシやビックカメラに太刀打ちは出来ないので、せどりで仕入れをするときは、

大手業者が在庫を持っていなさそうな商品を敢えて狙って仕入れをするようにしています。

例えば、中古品とかもそうですよね。

ヨドバシとかビックカメラは中古を売っていませんよね。

中古には中古業界がありますが、中古業界がAmazonに出品していなさそうな商品を狙ったりするのも面白いですよね。

隙間を狙って仕入れをすることでせどりをしている私達がきちんと稼げるようになります。

小売り業の利益率の低さには驚きですが、せどりなら倍以上の高い利益率を出していけるのでやらない手はないと思います。

家電量販店の売上や利益の話を書いている自分、なんて自分てまだまだ小さすぎるんだって思っていまいました(笑)

頑張れ自分!ですね。

 

↓↓↓無料プレゼント中!!せどり(転売)で稼ぐ方法

ブログ集客コンサルa

down

コメントする




ブログ集客・アクセスアップ

未分類

運営者:和泉です。
大阪在住、30代前半の女。
6年前に脱OLして、現在、ブログ集客・電脳せどり・メルマガで独自コンテンツ販売事業をしています。
⇒ネットビジネス実績
⇒プロフィール
人気ブログランキングへ

ブログ集客・アクセスアップ

カテゴリー

Twitter でフォロー