ネットビジネスをはじめよう!ブログ

ブログ集客・電脳せどり・アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐ方法・始め方・集客方法を書いているブログです。

せどり専業を目指すには、いくら月収(利益)が必要なの?

time 2016/09/20

こんにちは、和泉です^^

今日は、メルマガで頂いた質問を記事にしたいと思います。

せどり月収

質問

せどり専業で一人でしている方の月収はどれ位なのでしょうか?
後、私は現在、CD,DVD,雑誌とメディア系をメインにしていますが、
月の仕入額もご教示頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

独身なのか、家族がいるのかいないのかやでいくら月収を稼ぐのか変わってくるので一概にこうであるべき!とは言えないのですが、私の話と主観を書きたいと思います。

せどり専業になるためには、どれくらいの売上と月収(利益)が必要か?

私はせどりを始めてもう5年以上が経ちますが、どれくらいの売上と収入で、専業になろう!と決意したかというと、

月売上50万円、月収20~25万円(利益)でした。

この金額を目標にしてせどりで独立することを決意しました。

月収20万円というのは、家族がいる人には少ない額ですが、私は独身なので月収20万円いけば大丈夫と考えました。

 

実際、せどり専業になってからは

月売上は最高80万円近くまでいき、月収30~40万円(利益)というところです。

ただ、せどりは売上アップを目指せば目指すほど、利益を仕入れ資金に回していかなけえればならないので、私はここでせどりの売上アップを止めました。

もし、月収50万円が欲しいなら売上100万円以上は必要ですし、月収100万円が欲しいなら売上200万円以上は必要です。

正直、せどりのみをしている人で月収100万円以上ある人は少ないと思いますし、月商のアップばかりを考えてやっている人は、手元に残っているお金もかなり少ないと思います。

せどりで月収100万円以上を稼ごうと思うと、せどりの域を超えて、問屋から仕入れたり、輸出や輸入をしている人が大半です。

私も一時期は韓国輸入をしていた時期もありますし、問屋で仕入れをしていた時期もあります。

月収50万円くらいまでならせどりの域でいけますが、それ以上の月収を目指すならせどりの域を超えてやってみることをお勧めしたいです。

ただ、まだあまり稼げていない人は、まずは、せどりで頑張ってみてください。

月の仕入れ金額はいくら必要なの?

せどりは仕入れにお金がかかるビジネスです。

売上や月収を上げたいのであれば、利益をどんどん次の仕入れに投入していく必要があります。

利益率50%で、

月収20万円を目指す場合、仕入れ金額は20万円必要、売上は40万円必要

月収50万円を目指す場合、仕入れ金額は50万円必要、売上は100万円必要

これは利益率50%の話なので、利益率が低ければ低いほど仕入れ金額はもっと必要になります。

 

私は超貧乏のときにせどりを始めたので、最初から月収20万円を一気に目指すことは出来ませんでした。

毎月数万円の利益を次の仕入れ資金にあてて、月収を増やしていきました。

 

仕入れ金額は多いときで月40万円というときもありました。

その時は売上もアップしますし、月収もアップします。

今は、せどり以外のビジネスもしているので、仕入れには月20~30万円といったところです。

せどりでうまく稼いでいくには、幅を広げていくことが大事

せどりは月商自慢みたいなところがありますが、そんなことよりも月収いくら稼げているのかということが一番大事です。

月商を上げるために、出た利益をどんどん仕入れ資金にあてていては、一向に手元にお金が残りません。

上でも書きましたが、純粋なせどりで毎月手取りで100万円稼いでいて、毎月手元に残っている人は少ないです。

せどりである程度まできたら、利益率を上げる工夫をしたり、たくさん仕入れが出来る方法を考えて、輸入、輸出、問屋から仕入れたり、買い取りをしたり、それなりに幅を広げている人がほとんどです。

幅を広げていけないと、独立をして一生食べていくのは厳しいです。

ただ、せどりは月20、30万円程度なら片手間でも稼げてしまうビジネスです。

そこからがどう伸ばしていくのかが大事です。

↓↓↓無料プレゼント中!!せどり(転売)で稼ぐ方法

ブログ集客コンサルa

down

コメントする




ブログ集客・アクセスアップ

未分類

運営者:和泉です。
大阪在住、30代前半の女。
6年前に脱OLして、現在、ブログ集客・電脳せどり・メルマガで独自コンテンツ販売事業をしています。
⇒ネットビジネス実績
⇒プロフィール
人気ブログランキングへ

ブログ集客・アクセスアップ

カテゴリー

Twitter でフォロー